佐藤 ひろし @ 伊豆フル ブログ

甘夏みかんでピールを作ってみました。

伊豆にはどこでも夏みかん・甘夏みかんが簡単に手に入る。だいだいなんかも入るかもしれません。
家にせっかくこもっているなら何かやろうと思ってピールづくりにチャレンジしました。
ひさしぶりのチャレンジなのでうまくいくかどうか????自分のメモにするつもりでブログにします。

1.皮を剥いて皮を棒状にカットします。(甘夏みかん3個)
幅は好みですが5㎜~10㎜ぐらいがいいと思います。
 


2. 実の方は袋を剥いてジュースを絞れるようにします。
ジューサーがあれば簡単ですが私はジューサーを持っていないのでザルと木べらを使って実をつぶしジュースを絞ります。果肉の搾りかすもあとから使います。
 
 
 
 
 これが本当の100%ジュース!
飲みたいけどこれを使うのが大事!
飲んではいけません。(笑)

3. カットしたピールは2回~3回ゆでこぼしをします。

ここでもけっこうあくがでると思います。苦みが嫌いな方はここでよくゆでると苦みが落ちます。

4.ゆで終わった皮の重さを計っていよいよ煮込みます。
お砂糖ですが甘夏みかん自体の甘さによっても変わりますので皮の重さの40%~60%ぐらいでようすを見ながら加減をしてみてください。
今回はゆでこぼした皮が560gでしたので240gの白ザラ糖(もちろんグラニュー糖でOKですがたまたま残っていたので白ザラ)と絞った生ジュース450g(3個分全量)で煮ます。
レモン果汁を少し入れると味が引き締まる感じがします。ポッカレモンで代用しました小さじ3杯ぐらいかな?
ジュースが入ると随分アクが出ますのでこまめにとってください。
 

  煮込んでいくと黄色からあめ色になってきます

   

5. 煮詰めて煮汁がトロッとしてきたら出来上がり。
乾燥させるためバットの油切りに並べて乾燥させます。
結構乾燥した感じでも干すのをやめると内部の水分が表面の乾いたところと平均化してくるので戻って柔らかくなります。
乾燥させる途中でグラニュー糖をまぶす方がいますが私はこのままの方が今風だと思います。
できればブラックチョコレートでカバーするとまた美味しく召し上がれると思いますが、私はまだテンパリングが下手なので上手くチョコレートでカバーできません。
 
 
 


6. 最後に果汁を絞った果肉に残った煮汁と砂糖(量は適当です)でジャムを作ります。
普通のジャムというより苦みがありますので苦みの嫌いな方は煮汁でなく砂糖と水で少々でいいのではと思います。
鍋で煮込んでもいいのですが今回は、電子レンジで3分少し冷まして3分で出来上がり!柔らかいぐらいでOKです。
皮の煮汁はペクチンが多いので思った以上にゲル状になります。固くなりすぎならないようにご注意願います。

 

初めからブログにするように動画でしっかりとればよかったのですが録画時間とかも適当だったのであまり面白さがなくてすみません。
伊豆フルは動画を直接アップすることができないのですがYoutubeにアップして【⇒共有】→【埋め込む】<iframe width="560" height="315" で始まるプログラムを本文記入画面を【ソース】画面に切り替えて(枠の上部のアイコン1段目の右端)を張り付けるとできますので是非やってみてください。

作成日:2020年4月15日

このブログを書いた人

佐藤 ひろし