大室山(浅間神社)

お店のご案内

大室山『浅間神社』は、山頂の火口中腹にあります。
山頂へは、『大室山登山リフト』ご利用ください。

大室山の浅間神社は安産と縁結びの信仰が厚く、祭神イワナガヒメは浅間大社の祭神コノハナサクヤヒメの姉にあたります。

大室山の浅間神社(センゲン)の祭神は 磐長姫の命(イワナガヒメノミコト)

浅間神社は全国にたくさんありますが、一番大もとの富士の浅間神社を初めとして、普通は、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)を祭神としています。

神話によれば、大山祗神(オオヤマズミノカミ)の第三の女が磐長姫で、第四女が木花開耶姫でした。
 
大室山の山頂から、晴れた日に北西を見ると。見事な富士山をみることができますが、「大室山に登って、富士山をほめては行けないといわれています。

それは・・・

磐長姫と木花開耶姫は、とても仲の良い姉妹でしたが、
ある日のこと、若い男の神様が絶世の美女と言われた木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)に一目惚れしてしまいました。すっかり心を奪われてしまった若い男の神様は、姉妹の父親のオオヤマズノカミに結婚したいと願い出たところ、仲の良い姉妹二人一緒なら許すとの返事をしたのでした。

そして若い神様は、姉妹を向い入れたのですが、その若い神様は妹のコノハナサクヤヒメばかり愛していたため、姉のイワナガヒメは身を隠し、じっと我慢をしていました。

妹は、姉の姿が見えないことを心配していましたが、長い年月がたつうちに姉は我慢の限界になり、妹を恨む様になっていきました。ついには父親の所ヘ送り返されてしまい、それからイワナガヒメ(大室山)とコノハナサクヤヒメ(富士山)は、互いに にらみ合ったままでいるという伝説によるものです。

  

お店の情報

名  称大室山(浅間神社)
電  話
住  所〒413-0234
伊東市池 672-2

ご登録はカンタンです。管理人になると、会員メニューから、写真10枚と営業情報を無料で更新いただけます。



登録されているジャンル
見る: パワースポット, 観光スポット


  • ・このお店の写真や基本情報は伊豆フル編集部が独自に取材した内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
  •  公式ホームページ等をご確認の上ご利用ください。
  • ・このスポット・店舗・会社に関するお問合せは、直接そのスポット・店舗・会社様へお問合わせ願います。
  • ・伊豆フル、システムに関するお問合せ、その他のご意見・ご要望は下記よりお問合せください。