なぜ、キーパーコーティングなのか?

2019年10月02日

いつもありがとうございます、杉田石油です。

さて今回は・・・と言うか今更ですが「なぜ、杉田石油ではキーパーコーティングなのか?」

答えは簡単!「2重の被膜で塗装面を護る」です!

・・・え?ザックリし過ぎですか?(笑)では、ちょっと真面目なお話を

杉田石油で施工する主にクリスタルキーパー&ダイヤモンドキーパーは2層被膜のコーティングです。
1層目のガラス被膜がお車の塗装面をカッチリ護り2層目のレジン被膜で雨水、水道水、ホコリなどの
ミネラル成分が1層目のガラス被膜と結合するのを防ぐ為にあります。

ガラス被膜は無機質成分なので同じ無機質成分の雨水や水道水と大変仲が良く結合しやすい
その為一旦ガラス被膜に着いてしまったミネラル成分含んだ水シミの除去は容易じゃありません。

そのリスクを防ぐ為に2層目のレジン被膜の出番
レジン被膜は、あえて言うなら「コーティングを護る為のコーティング」
我々はこれを「犠牲被膜」と呼んでいます。・・・ホント身を呈して1層目を護るけな気な奴です(笑)

ですから我々スタッフも自信を持ってお勧めできるコーティングです。

 


左記のQRを読み取るか、下記ボタンをクリックするとスマホ版が開きます

スマホ版が開きます