ネロリのブログ(2018年07月01日)

  

花らんぷ店舗ご案内☆彡✨

花らんぷ店舗

「肩や首の硬さは改善できないのか?」そんな悩みを抱えているあなたへ



身体の慢性的な疲労や凝りに長年悩まされている方は、たとえ重い病気にかかっていないとしても、なぜ自分はいつもこんなに疲れているのだろうと考えておられるのではありませんか?

昔から自分の身体はこうなんだから仕方がないなんて、あきらめていたりしていませんか?


私たちの身体は元々エネルギーでできています。
身体の中にはエネルギーセンターというところがあって、エネルギーが日々出入りしています。
このエネルギーが無くなってしまうなら、私たちは死んでしまいます。

つまりエネルギーとは命そのものといっても過言ではありません。


このエネルギーは、食生活やおかれた環境によって様々な影響を受けています。

食生活の乱れや環境による過剰なストレス、運動不足、慢性的な疲労などにより、様々な影響を受けているため、エネルギーは必ずしも万全ではありません。

時に枯渇したり、過剰になったり、アンバランスが続いてしまうと、エネルギーの状態は身体の症状として表れてきます。
時には病気という形になって、私たちのエネルギーどんな状態にあるかを教えてくれたりもします。


つまり、「体の症状=エネルギーの状態」
とも言えるわけです。


そう考えると、真に健康であるためには、単に薬を飲んで痛みを消すなどの対処をしたり、シップを張って痛みを鎮めれば良いというようなものではなさそうです。


近頃は、食生活の見直しや適度の運動が大切だという認識を新たにしている人も増えてきました。
命を大切に思う懸命な人は、自分のエネルギーの状態を知り、できる限り健康でありたいと願うのは当然のことでしょう。
また自分の身体ではあっても、家族や愛する人との大切な日々が、病気や疲労のために奪われてしまうことだけは避けたいと思われている人も少なくないのではないでしょうか。


私はこれまで14年間アロマトリートメントを専門に行ってきましたが、日本人のほとんどの人の身体が大方、筋肉の疲労によって分泌される疲労物質の塊にがんじがらめになっているのを見てきました。

アロマトリートメントを受けるほぼ80%の方は、ひどい肩こりに悩まされ、慢性的な凝りに向かう日々に明け暮れています。

しかもそれはなぜか日本人に過度に多い症状なのです。
不思議なことに、欧米諸国の方のほとんどは、肩が凝っていると言いながら、大して凝ってはいなかったりするのです。

やはり日本人は頑張り過ぎ屋さんが多いのでしょうか・・・(^-^;
そんな風に思ったりしてしまいます。


日本人独特の身体、問題の「疲労物質の塊」をなくすにはどうしたら良いのか・・・
そうした研究を積み重ねていった結果、生まれたのが「波動で溶かす手技✨」。

これは、霊気ヒーラーでもある私の独自の波動調整を手技に取り入れたもので、肩や首などの硬くなった個所のエネルギーをトリートメントをしながら変換してしまうことで、溶かしていくという手法です。


この手法は、かれこれ10年程前から「疲労物質の塊を溶かす手技」として、背中のアロマトリートメントのメニューに取り入れてきたのです。


少し宣伝のようになってきてしまいましたが、長年本当に苦しんでいる方には、本当にお勧めしたいです。

どんなにほぐしても何をやっても、翌日にはガチガチになってしまうという方には是非試していただきたい。


背中は40分のメニューで行います。

最初の15分間は背中全体を行い、

肩、肩甲骨、首を集中的に20分、

最後にヘッドマッサージ5分で完了です。

(疲労物質が骨のように硬くなってしまった方は、場合によっては10分~15分くらい多めに行う可能性があります。)


もちろん、ご希望により、脚やフェイシャルなども通常メニューにございますのでお気軽にご相談ください。
全てカウンセリング後、お体に合ったエッセンシャルオイルをお選びし、トリートメントいたします。


あら?本当に宣伝になってしましましたね(;^_^A


では!
この際ですので格安でトリートメントさせていただきます!

通常価格 40分5000円(税込)ですが

今回、このブログを読まれた方に限り、3,500円にてご提供します。



ご予約は、10時~12時半までに限ります。
それ以外のご希望も可能な場合がありますので、お気軽のお問い合わせください。


お問い合わせ、ご予約等は
氏名、電話番号、ご希望の日時を下記メールアドレスにお願いいたします。




cherryroko@yahoo.co.jp


アロマスクール&サロン花らんぷ
静岡県伊東市八幡野1276-58
0557-54-2353
(伊豆高原駅 車5分 池通り沿い)




 

  

このブログを書いた人