沼津市


解説

 沼津市は駿河湾に臨む伊豆半島の付け根、愛鷹山の麓に位置する港町で、東駿河湾地域の中心都市であり沼津都市圏を形成しております。古来、東海道の陸路と海路を繋ぐ交通拠点であり、江戸時代には沼津城が築かれ東海道の宿場町として栄えるなど人・物・情報の交流拠点として、この地域の政治経済や商業、文化の中心的役割を担ってきました。
 気候が温暖である他、箱根や伊豆半島や富士山への観光拠点としても便利な立地条件でもあるため、保養地としても発達しました。 明治時代から60年代は政財界の著名人が別荘を建てて、皇室も沼津御用邸を構えたために、「海の有る軽井沢」とも称されました。
 井上靖を初めとする文人墨客所縁の地でもあります。水産業が盛んであり、干物の「鯵の開き」、「雑節」の生産は市ごとの統計が廃止される2005年(平成17年)まで日本一の規模であった他、近年では新鮮な魚介類を求め沼津港を訪れる観光客が増加しています。

沼津ぐるめ街道
東名沼津インターより約3,000km。食事にお土産、沼津ならではの海産物を楽しめます。
千本浜海水浴場
千本浜公園の目の前で市街地から一番近い海水浴場で、本本松原と夕日の眺めは抜群です。
大型展望水門『びゅうお』
沼津港内外を結ぶ航路から進入する津波から港の背後地の50ha、9,000人を守るための水門です。
沼津港水産複合施設INO
市場機能に、見学者通路、展望デッキ、食堂など観光要素を合築させた複合施設です。
沼津港深海水族館
世界各地から深海生物を収集、駿河湾をベースに深海生物を発見し、展示しています。
我入道の渡し舟
千本浜から志下海岸までの水辺を歩く文学探訪の道を彩る渡し舟となっております。

新着情報

2015年11月10日
駿河湾 ”高足ガニ”@お食事処かにや 戸田(へだ) 本店
2015年11月09日
沼津港・海鮮丼専門店!!@沼津港 海鮮丼専門店 伊助
2015年11月09日
漁師直伝!!がんがん焼き!!@沼津港 港の牡蠣センター カキ小屋
G(ガッツリ)麺 ふじもり (有)ボディーショップ新生 フラット7・オニキス伊東 伊豆の食堂 誉TAKA トータルフットケアサロン aura 港の牡蠣センター カキ小屋 沼津店 世界遺産 韮山反射炉 メガネ・コンタクトレンズ・補聴器のハヤフジ 伊豆高原ミッシェルガーデンコート ケニーズハウスカフェ 伊豆高原本店 介護付き ぷち旅 風 回転寿司 花まる 海鮮丼専門店 伊助 伊豆フルページプラス

伊豆フルラーメン情報

伊豆フルナイト

東伊豆町観光協会